フィリピン政府公認カジノスクールでカジノディーラーなるための留学情報まとめ

20代~30代の男性・女性たちにとって『海外のカジノスクールで学び資格を取る』ってすごい決断ですよね。

でも実際のところは何から手を付けていけばいいかわからないし、不安で一杯ではないでしょうか?

「どう準備すればいいの?」、「英語ができなくても大丈夫?」、「カジノスクールの費用はどれくらい?」、「英語力はどれくらい必要?」、「カジノスクールを終了したら働けるの?」色々と悩みが出てきます。

そこで、あなたに合った英語学習から留学期間のお薦めコース、カジノスクール卒業後のビサ取得や海外での勤め先をサポートいたします。

日本でカジノがスタートするのが2023年の予定です。最終的に日本でカジノディーラーとなるためのスキルアップをサポートし、これから人生を変えようとする人たちに役立つ情報をお伝えします。

20代~30代の日本人がフィリピンのカジノスクールでカジノディーラーになれるの?

 

問題ありません!フィリピン人生徒の多くが20~30代以上!しかも、まったくの初心者でカジノのことについての知識などありませんが、卒業後には一人前のカジノディーラーとなって現場で働いているようです。

カジノディーラーは20歳以上からの年齢制限があり、上限はありません。

将来性があり、しっかりとした人生設計を築くことができる職業です。

最近はネットカジノの普及で女性カジノディーラーの需要も多くまたネットカジノ専門でカジノディーラーを目指す方も多くなってきています。

フィリピン政府公認のカジノスクールの受講資格条件と申請書類は?

カジノディーラー

 

〇受講資格の条件

  • カジノディーラー認定プログラム応募者は21歳以上
  • 高校卒業以上
  • 日常英会話が可能

*日常英会話ですが、「どのくらいのレベル?」と心配になると思います。確認したところ、授業中の会話はすべて英語になるので、相手が何を言っているのか理解出来れば受講可能です。ほぼマンツーマンで教えてくれるのようですので安心してくださいね。

〇申請書類

  • 履歴書(日本語・英語版)
  • 戸籍謄本(日本語・英語版)
  • 高校卒業証(日本語・英語版)
  • 白背景で1x1 カラー写真3枚
  • 出願料500ペソ

カジノスクールの入学日と受講科目は?

Casino dealer training

 

〇入学日

  • カジノディーラー養成クラス:毎月第2週の月曜日スタート

〇受講科目

  • ブラックジャックとその他のバリエーション
  • バカラとその他のバリエーション
  • ルーレットまたはクラップスまたは同様のゲーム
  • バカラとブラックジャック(そのバリエーション)
  • ブラックジャック(そのバリエーション)とルーレット/クラップス
  • バカラ(そのバリエーション)とルーレット/クラップス
  • ブラックジャック・バカラ・ルーレット

入学日はないみたいで、毎月第2週目の月曜日から授業はスタートします。各受講科目ごとに日数が決まられていますので、予算的の計画を立てながら受講することが可能です。一氣に全ての科目を学んだり、苦手な科目を再受講したりすることもができます。

注意する点ですが、事前に授業料の支払いを完了しなければなりません。その後、カジノスクールの場所など細かい指示があります。公営ギャンブルなので外部との接触を避けるためコンフィデンシャル(機密)扱いとなっているからです。軽い気持ちでSNSに情報を漏らすと授業が受けられなくなったり、その後の就職に不利になる可能性がでてきます、そのあたりの注意が必要になります。